中国がデジタル人民元ウオレットアプリの利用を開始?!日本のキャッシュレスはいかに?

マサブログ

中国人民銀行では電子人民元(e-CNY)がスタートしました。これは中国の中央銀行デジタル通貨でウオレットアプリケーション、AndroidやIOSでダウンロードで気すごく便利なものになっています。

中国政府はテストで1億4000万人が口座を開設し利用額は620億円となっています、すごく規模がデカいことが数字をみてもわかります。620億元は日本円で1兆1000億円です。

中国では従来のwechatペイやアリペイを主に使っていて中国では今現金での取引がほぼゼロになりました。今は財布を持ち歩く人も減りすごく便利な社会となりました。

デジタル人民元

これからどんどん普及していきお金の動きがより明解になるとお考えられます、また来月にはオリンピックが開催されることもありそれ以降に本格的なデジタル人民元が拡がると考えられます。そして外国人にもこのアプリを普及させると政府は言っていますこれから中国で暮らす人や観光をする人は便利さを体感できホテル予約や交通公共機関で大いに活用することでしょう。

冬季オリンピックで米中関係は?

今米中関係は冷え切っていてデジタル人民元に制限はないのか外国人は自由に使いできるのかこれからどのような規約ができるかまた制限も気になるところです米国の政治的ボイコットも続いているのでこれから両国の発言が気になる方も多いでしょう。

米モデルナ22年売上185億ドルと予想、過去最高となる

コメント