進む円安日米円安5年ぶりの〇〇??

マサブログ

アメリカの物価はこれまで以上に上昇

年明けから円安ドル高が続いています、5日には一時116円までドル高になりどんどん円安が加速しています。116円に達したことで逆にドルが売られ安全資産の円が買われました。

今の市場では日米の金利差が拡大していますのでこれからは円安基調が加速します。アメリカではコロナで低迷している経済一時コロナが落ち着いた時に経済が回復しました需要のが伸びましたがサービスや製品が追いついていない状態になってしまいました。昨年11月の消費者物価指数を比べると6.8%の上昇で約39年ぶるとのことです。

米連邦準備制度理事会(FRB)は今まで以上に早いペースでテーパリング政策金利の引き上げを行う姿勢でいることが示唆されています。

日本では賃金値上げが見込めない??

日本では依然と賃金の値上げや物価の上昇は見込めないと考えられます。日銀は大規模な金融緩和をおこなっていますが投資家ではより金利が高い米国国債にお金が流れていき日本経済には悪影響だと考えられます、しかし円安にもメリットがあり輸出面では日本は莫大な黒字を見込んでいます他にも海外事業の収益拡大を狙っています。

今後の行方

今後はドル上昇が加速すると考えられます。おそらく119円ほどまで上昇する見方が強まっています。しかしこのドル高も一時的なものと考えられその後は正常に戻ると考えられます。

LINEではじめるFX【LINE FX】

コメント