米国株 22年は厳しいかも FRBの利上げも影響

マサブログ

そもそも利上げをする理由は?

利上げとは(テーパリング)量的金融緩和政策による国債MBSなどの購入量を減らすことです

正常な金融経済に戻すために一時的に世の中に出回るドルの量を減らし徐々に正常に戻していきます。そのような政策が起きて株式には特に影響が起きてします。

世界全体の株式の一時的な暴落の恐れ

金融政策をするとやはりドルの流入が減りますので米国株を買う人も少なくなり多くの人は新国の方に投資する人も増えてくるかと思います。

過去のは2013年根には当時のFRB議長が利上げを示唆したところ、株価が大幅に暴落しました、

今年も多くの投資家が株価の行方には興味があると思います。

FRB議会

FRBの最大の目的は雇用と物価安定

これからFRBはアメリカ経済をうまく回すために雇用の最大化に取り組みます、またこれからも金融的緩和を続けてしまうとおメリカの物価が下がる恐れもあります。ですからFRBはこのような再策をしなければなりません、そして利上げをすることで景気の短期的な加熱を抑える役割も果たします。

逆を言えば利上げは景気がアンテに向かっていく良い時期と考えても問題ありません。すでに米国株に投資している方は一時的な下落があるかもしれませんが気にせずこれからの投資を行なっても問題ありません。

株価の一時的な下落はチャンスかもしれません。下落のタイミングを狙って追加投資やこれから投資するのもこれから良い方向に向かうでしょう。

コメント