けさ(2021.10.25 AM5:00-7:00)録音。アメリカ軍と創価学会のしわざ。(2時間)

ビットコイン

0

2021/10/26記 補足説明:きのう投票があった参議院静岡補選で当選した山崎は、世界的に著名な男児ヌード(児童ポルノ)写真家で、福島県のそろばん塾(山崎塾)経営者だった栗原登こと山崎の暗喩であると思われる。山崎は素人の自分の生徒の男児のほか、子役を脱がせてポルノを撮ってホモ雑誌の「薔薇族」「さぶ」などの巻末に広告を出して大々的に販売していた。

このような情報操縦のほかアメリカ(CIA、NSA、アムウェイ、創価学会)は日本の警察などまったく歯が立たないほど強力な支配を日本で固めていた。アメリカの植民地そのものだ。天皇をさらに米英のパペット化し、日本の植民地化を進行させる女性天皇制を容認してはならない。米英が皇室を使って日本を間接支配する占領体制をもう許してはならない。

選挙がらみでついでに書くと、先週リーフのジャスミン茶が飲みたくなったので、東急ネットスーパーの中目黒店にあったのを思い出し、久しぶりにのぞいてみると、前にあった久順銘茶のジャスミン茶ではなく、村田園のジャスミン茶に替わっていた。中目黒店の領域の池尻大橋に住む台湾出身の蓮舫(村田蓮舫)の暗喩だ。この茶を買わせて「蓮舫を支持した」と視覚盗聴(傍受者)が言おうとしていた。久順銘茶は大内純子のことで、瘦せ型のレズの大内純子にすり替わって痩せ型の多分レズの蓮舫やブスの三笠宮彬子にすり替わろうとしていた。大内自身が金と名誉(作家)のために、他人にすり替わるための役を受け入れて俺を貶めようとしている。裏切者。作家先生と呼ばれて舞い上がっている没個性の凡俗で無能な女。もう絵が描けない。

大内一族と大石一族の血が近い可能性があるが、身内であればあるほど裏切る。金と権力を与えられて裏切る。警察庁警備局長で現警視総監の大石吉彦は静岡市生まれで、兄が在籍した静岡高校卒で東大法卒だが、同じ静岡市の大石で血縁にある可能性が高い。それがずっと俺を苦しめ続けている。一説には忠臣蔵の大石内蔵助(滋賀県出身)は長州の大内から出たともいわれ、大内と大石はオオウチ、オオチ、オボシ、オオイシなどと変化した同族である可能性がある。だからこそ俺を攻撃し縛る人物として権力にピックアップされて採用され、俺の才能を否定し続け、バイクの運転などできないオカマだと俺を侮辱する、人生最大の敵になっている。

2021/10/26記 参議院静岡補選で当選した山崎は、多分カマ。それで空手を習っていると。俺が男でなく「空手ができるカマ」だというための立憲民主・国民・枝野・蓮舫・海江田らアメ公の犬の嫌がらせ。絶対に投票しない。

アメリカうるせえ。神社の強制の就寝中の送信やめろ。アメリカ皇室のアメリカ神道いらねえ。アメ公の手下のゴミの大内送信やめろ。宗教いらない、宗教は全部ゴミ。政治の産物=宗教。アメリカ軍の犬、反日朝鮮人池田大作送信やめろ。

「丸裸になった」の送信やめろ。お前大内純子が絵を描けない事実が丸裸になったんだよ。文学書けても絵は描けないという事実が丸裸になった。お前ら創価学会がアメリカ軍の別動隊である事実が丸裸になった。創価大学隣の東京富士美術館に仏教画が1枚しかない事実から、創価学会が仏教ではない事実が丸裸になった。

今、東京富士美術館のサイトを見ると、きのうまで仏教画が1点しかなかったのに、3点に増えている。こざかしい。棟方志功の絵と具足(鎧)が追加されている。だだ文殊菩薩の模様が入った鎧というだけ。仏像じゃない、仏教美術じゃない。棟方志功は現代の版画家で、フルカラーで派手に着色する非伝統的な版画家。鎧や棟方なんて仏教画のコレクションに入れられるわけがない。学芸員の知識不足。そのかわりキリスト教絵画が3点もある。やはり創価は疑似キリスト教。だからクラシックが好き。創価民音。東京富士美術館の収蔵品一覧https://www.fujibi.or.jp/our-collection/search-of-collected-works/search-by-theme/
日本に仏教画は多くても「仏教版画」は存在しない。浮世絵は仏像を描いていない。鎧は工芸品ではあっても仏教美術に区分けできない。殺人を嫌う仏教徒の美術家が、死穢の対象である鎧を作ることもありえない。死穢がこびりついた日本刀や西洋宮廷絵画を集めることもありえない。

「池田が3っつの映画を作った。新技法」のバカ送信やめろアメ公創価池田。盗聴盗撮は犯罪であって作品と認められない。ただ映写機やカメラのボタンを押すことは芸術ではない。技巧と熟練を伴わなければ芸術とは認められない。生まれて初めてカメラを持つ人にも写真は撮れるようにできている。女性や身障者にも運転できるように四輪車はできている。カメラや四輪車という機械を操作することが芸術であるはずがない。(技巧だけで創造がないクラシックも芸術でない)無断で撮った映像は盗撮であり、撮影された本人の許可を得なければ公開できない。絶対に盗撮行為を認めない。公開されたらただちに警察と裁判所に訴える。市民を盗聴し盗撮する公共の敵=創価学会。盗撮し「これは池田先生の芸術作品だから許されるのです」と市民を盗撮監視しまくる創価学会。こういう団体を俺に押し付けた醜悪な丸山眞男。政治・経済ばかりで文化が不毛の、芸術を理解できないイギリス人。イギリス系だが経済は理解できない凡俗な政治学者の丸山眞男。クラシックという創造を伴わない再演行為を芸術だと勘違いした丸山眞男。すべての芸術は政治のためとしか考えない眞男。ナチのプロパガンダ音楽の指揮者フルトベングラー、眞男と眞男の信者は政治が好きなだけ。創価は仏教教団じゃなく政治が好きな政治団体。

創価とトヨタや日産は民間衛星で俺を盗撮し無断で配信し金儲けしている。

ビットコインが上昇してきたのにも関わらず、大内ら創価学会アメリカ軍一派が、就寝中にその点を突いて(非難して)こなかったことについて、大内らバカが下げに耐えられず下値でビットコインを投げて損を確定してしまったものとわかった。「ざまあみやがれ!」と快哉を叫びたい。ビットコインが無価値であると力説してきて投げさせてよかった。奴らの損はこちらの勝利だ。いずれにしろ短期間に半値になったり倍になったりする仮想通貨は、馬券のようにタバコ銭程度買うのはいいが、大量にポートフォリオに組み入れるには不適当だということがはっきりした。倍になる可能性があっても半値になる可能性もあるリスクに財産をさらすことはできない。全財産で馬券や車券や船券を買うバカもいなかろう。やりたい人はバクチと割り切って。今週上場したビットコインETFがあまり人気化していない。これではミーム株よりパフォーマンスが悪い。みなリスクを理解したからではないか?一部で「柴犬マスクコイン」とかが上昇しいているようだが、流動性の乏しい閉じた市場でのことだから、業者の宣伝に惑わされて眞に受けない方がいいのではないか?

創価学会とアメリカ諜報の密接な関係を示すのは、ディズニーの「ライオンキング」の盗作問題だ。ライオンキングは手塚治虫の「ジャングル大帝」の盗作であると断言する。(画像を検索して比較のこと)ジャングル大帝は王(大帝)のようなライオンが支配するジャングルの物語で、小学校に行く前の朝に再放送をやっていていつも見ていたので知っている。俺はライオンキングを見てないが、ライオンがジャングルのボスである点が同じ。ライオンキングのポスターにあった岩山の先にライオンが立って「ガオー」と叫ぶシーンがまったく同じ。誰が見たってディズニーが手塚をパクったのは明白。無論ジャングル大帝はライオンキングのずっと前に制作されている。ディズニーが手塚治虫をリスペクトして真似したという話はないし、最初から最後まで露骨に計画的に手塚をコピーしているのがわかる。ハリウッドのスピルバーグやルーカスが手塚の漫画のストーリーを真似していたという話を聞くが、ライオンキングは絵もストーリーもまったく同じ。手塚をコピーするという手法がアメリカにあったということ。しかし手塚治虫もジャングル大帝も有名で、ジャングル大帝の「レオ」というライオンキャラは西武鉄道と西武ライオンズのキャラに採用されたのを皆さんご存じのはず。しかしライオンキングの公開以後、アメリカ諜報と創価の圧力で、西武線でレオを見かけなくなった。かつて都立鷺宮高校の西武新宿線沿線や俺の自宅があった井の頭線浜田山駅前の西友やDAIK(西武系DIY店)では、西武ライオンズが優勝すると松崎しげるの暑苦しい西武ライオンズの歌をガンガン流し、レオのポスターやのぼりをいっぱい立てて優勝を祝い、西武グループ店での全商品優勝割引セールを大々的に宣伝していたものだが。目をつけていたSnapOnの工具箱を割引セールで買ったことがある。
近年西武鉄道の大株主のアメリカのハゲタカファンドが合理化の一環で西武多摩湖線を廃線にしようとしていた。多摩湖線は俺が都立小平霊園に行くとき使う単線の鉄道だ。野方のある新宿線を使わなくて済む。
手塚治虫が存命中に描いた漫画「ブッダ」について創価学会がクレームをつけ圧力をかけたことが知られている。好調だったはずの手塚の会社「虫プロ」は突如倒産した。創価学会とアメリカ諜報の圧力であるとささやかれた。
創価学会はライオン(獅子)を教団のシンボルにしているが、その後、ディズニーに近い創価のアニメーターがジャングル大帝を盗作してライオンキングを作り、ディズニーにそれを持ち込んで芝居でも流行らせたのだと思われる。(ディズニー系のジブリの伊藤プロデューサーも創価学会員)流行ってしまった以上ディズニーは盗作した事実を認められないのではないか?ライオンキングとジャングル大帝を見比べてみれば、どう考えてもディズニーが手塚を盗作したことに疑いがない。著作権ビジネスにうるさいはずのアメリカが、平気で日本人の著作権を侵害している。「ミッキーマウス保護法」と揶揄された著作権法の延長(100年)をロビー活動していたディズニーやハリウッドの映画業界が、平気で日本人の著作権を侵害している。この点、手塚の関係者はディズニーを訴えるべきだが、アメリカ諜報と創価学会の弾圧により、盗作問題自体が闇に葬られている。恐ろしいアメリカと創価の正体だ。でももう日本人はアメリカの横暴に黙ってはいけない。植民地化と奴隷化を受け入れてはいけない。

コメント